PROGRAM

ジュニアから、FISレーサーまで、アルペンスキーヤーが世界中から集まり、世界最高レベルの環境とプログラムのもと、ハードなトレーニングを行います。
詳しくは、下記プログラムをご確認下さい。皆様の参加をお待ちしております。 

2018サマープログラムを受付開始致しました。

6月10日から8月11日まで開催致します。

プログラム

クラシックキャンプ

コーチ1人に対し、生徒8〜10名のプログラム

日曜夕食から金曜昼食まで
トレーニング5日(月曜〜金曜)
休日2日(土曜〜日曜)

クラシックキャンプは、スキーの基本動作を学びたいレーサーにお勧めのプログラムです。反復練習による基本動作の習得により、ポジショニング、スキーの走らせ方などを学んで行きます。またライン取り、リズム変化への対応など、レーシングスキーにとって必要不可欠な基本を指導致します。


エリートキャンプ

コーチ1人に対し、生徒3〜5名のプログラム

日曜夕食から土曜昼食まで
トレーニング6日(月曜〜土曜)
休日1日(日曜)

エリートキャンプは、全国大会・ポイントレースなどでの活躍を目指す選手にお勧めのプログラムです。少人数で行われる為、ひとりひとりが持つ課題に対して明確な指導が行われます。集中的に指導が行われる為、成果が得られやすく、ARCで最も人気のあるプログラムとなっています。


プライベートキャンプ

コーチ1人に対し、生徒1〜2名のプログラム

通年対応しています
ご要望に合わせて、
お好みのプログラムを用意致します

プライベートキャンプは、技術レベルに関係なく、求めている内容に対して行われる個人レッスンなので、FISレースなどでの活躍を目指し専属コーチを付けたい、短期的に課題を克服したいなどのスキーヤーにお勧めのプログラムです。キャンプ期間に限らず、通年受けれるのも特徴です。


 

日本人トレーナーキャンプ

言葉に不安がない日本人トレーナーによるプログラム

通常、7月〜8月と10月〜11月に
約3週間程度の日程で行われています

日本人トレーナーキャンプは、外国人トレーナーとのコミュニケーションが不安なレーサーにお勧めのプログラムです。オーストリアレーシングキャンプが提携する国内チームのキャンプに参加して頂く形になります。尚、キャンプ期間は、お問い合わせ下さい。


ARCチームキャンプ

現地のARCチームに帯同する留学プログラム

内容及び期間によって異なりますので、
お問い合わせ下さい

ARCチームキャンプは、現地のオーストリアレーシングキャンプのチームメンバーとして、1年を通じてトレーニング、キャンプ、大会など、全ての活動に帯同する留学プログラムです。ARCホームでの選手同士の共同生活、語学学校なども紹介致します。


チームオリジナルキャンプ

スクール経営者・トレーナー用のプログラム

6月から11月末までの期間、
お好みのタイミングでご用意致します

チームオリジナルキャンプは、現地でキャンプを行う上で必要とする環境(トレーニングバーンなど)や機材(ポール・ドリルなど)をご用意するプログラムです。国内のスクール経営者、トレーナーなどの方々が、キャンプを自主開催する場合にお勧めです。


 

料金について

キャンプ料金は、プログラムの種類、時期、年齢によって異なって参りますので、お問い合わせ頂いた後、現地に確認をしてお伝えさせて頂きます。

尚、当キャンプは、オーストリアにて開校しておりますキャンプ形式のレーシングスクールの為、あくまでお客様の自己責任において、個人旅行として現地参加頂く形になります。

キャンプ料金に含まれるもの

レッスン料
宿泊・食事(到着日の夕食から出発日の昼食まで)
リフト券
ポールバーン使用
現地空港・ホテル間の送迎


キャンプ料金に含まれないもの

往復航空券(燃油チャージ、空港税、手荷物超過料金など) *ご自身でご購入下さい。
海外旅行保険 *ご自身でご加入下さい。尚、未加入の方はキャンプに参加出来ません。
現地での電話代、飲食代、クリーニング代など個人的なもの
日本国内での移動・宿泊など


1日の基本スケジュール(クラシック・エリート・日本人トレーナーキャンプ共通です)

6:30 ジョギング・ストレッチング

軽い運動で身体を目覚めさせます

  身体が目覚めるには、起床後、約3時間が必要と言われています。また生活リズムを整える事は、身体のリズムを整える事に通じます。軽いジョギングで身体の目覚めを早め、ストレッチングにより怪我の防止をはかります。
 

6:45 朝食(ホテルにて)

トレーニングに向けて栄養補給

   トレーニングを効率良く行う為には、食事による栄養補給が大切です。高度3,000mを超える場所でのトレーニングは、通常よりもエネルギーを必要とします。朝食には、ハム・チーズ・フルーツ・ヨーグルトなど豊富な料理を取り揃えています。
 

8:00 ゴンドラに搭乗し、トレーニングコースへ

ゴンドラ3本を乗り継ぎ、標高3,200mまで登ります

   ホテル近くのバス停より、無料シャトルバスでゴンドラ乗り場に向かいます(約3分)、ゴンドラの運転開始(8:00)と共に、大勢の選手が一斉に乗り込み始めます。出遅れない様に、時間に余裕をもってゴンドラ乗り場に向かいます。
 

8:45〜12:30 雪上トレーニング

各プログラム毎のトレーニングが行われます

雪上トレーニングは、バーンの状況が良い午前中に集中的に行われます。各トレーナーの指示のもと、フリースキーによる基本動作の習得、練習ポールによる基本動作の確認、そして実践的なポールトレーニングなど多岐に渡る練習が行われます。
 

13:30 昼食(ホテルにて)〜フリータイム

仲間とのコミュニケーションを深めましょう

昼食は、ホテルにて用意しています。キャンプに参加している仲間と、その日の滑りについて語らいながら、コミュニケーションを深めて行きましょう。昼食後はフリータイムですが、ビデオミーティングが行われる場合もあります。
 

16:00〜17:30 コンディショントレーニング

トレイルラン・室内プールなど最高のトレーニング環境

ホテル周辺は、起伏にとんだ登山道など素晴らしい自然環境に恵まれています。標高1,500mの高所では心肺機能が高まり、トレイルランでは、柔軟性のある筋肉、足裏・バランス感覚が養われます。クールダウンには室内プールでのトレーニングも行われます。
 

18:30 夕食(ホテルにて)

ヨーロッパの食文化・テーブルマナーに触れる

夕食は、スープ、前菜、サラダ、主菜、デザート、フルーツ、全てが揃うフルコースのバイキングメニューです。ヨーロッパの食文化やテーブルマナーを学ぶのにも良い機会です。夕食時には、トレーナーより翌日の予定が伝えられます。
 

夕食後 ミーティング〜フリータイム〜消灯

勉強・チューンナップなど、有意義に時間を使う

夕食後は、基本フリータイムですが、必要に応じてビデオミーティングが行われます。フリータイムは、勉強やチューンナップなど有意義な時間を過ごしましょう。消灯時(21:30頃)には、トレーナーによるコントロールが行われます。
 

1週間の基本スケジュール

基本的な週間プログラム

原則、クラシックキャンプは月曜から金曜まで、エリートキャンプは月曜から土曜までのトレーニングとなります。

ご要望に応じて、クラシックキャンプを月曜から土曜までのトレーニングに変更する事が可能です。


 

日曜日

到着(可能であれば18:30までにチェックインして下さい)
18:30 夕食で顔合わせ
19:30 スタートミーティング

月曜日

午前:基本姿勢、基本動作のテクニカルトレーニング
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング

火曜日

午前:GSの為の基本練習
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング

水曜日

午前:反復練習及びGSの為の基本練習
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング

木曜日

午前:SLの為の基本練習
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング

金曜日

午前:反復練習及びSLの為の基本練習
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング

土曜日

午前:課題に適したトレーニング
午後:ビデオミーティング、コンディショントレーニング